「好奇心」から新たな道へ

菊地 久美子(きくち くみこ)さん

勤務先:株式会社クツザワ

所属:総務人事部

勤続年数:3年


菊池さんに聞いてみました

■これまでのキャリアや入社の経緯を教えて下さい

こちらに勤める以前は、全く別の業界である医療事務の仕事をしていました。結婚を機に仕事を辞め、家庭に比重を置きましたが、その後、フルタイムの仕事で働こうと考え職を探していたところ、こちらの求人情報で平均年齢が若いという点が気になり会社のホームページを見てみました。すると社長の年齢も若い会社であることがわかり「どのような会社なのかと」とても興味が湧きました。昔から人と関わることが好きで、人事の仕事は人と関わるイメージを持っていましたので、まずは会社を知りたいという感覚でした。新しいことにチャレンジすることが大好きな性格ですから、初めての場所に飛び込むことを怖いと思うこともなく、仕事内容にも不安を抱きませんでした。入社時の面接でも社員の平均年齢が低いこと、社長が若いことを選んだ理由としてお伝えました。


■総務人事部ではどのような仕事に携わっておられますか

人事評価制度を整えていくこと、従業員それぞれが必要な知識や技術を取得できるよう教育プランを検討すること、新人研修の日程調整などが主な業務です。

人事の仕事だけでなく、総務全般にも携わります。設備補修の業者手配や社内イベントのスケジュールを組んだり、その場で司会を務めたりすることもあります。


■今の仕事でどのようなときにやりがいを感じますか

目標を立て、それをやり遂げたときです。今の仕事はルーティンの部分では目標が立てやすく、日々異なる部分では目標が立てにくいといったことがあります。

想定外の仕事が飛び込んでくることもありますが、様々な仕事に対応しやり遂げることはやりがいを感じます。


■仕事をする上で、大事にしている考え方を教えてください

何事にも興味を持ち、1つでも良い面を見つけ好きになることです。

働くと辛いこと嫌なことを経験しますが、仕事が好きなら頑張ることも苦になりませんし、辛いことを乗り越えた先に自分の成長が待っていると思うと仕事が楽しくなります。自分の人生のために何事も嫌な面より楽しい面を見つけることを大事にしています。


■会社の自慢を教えてください

社長が若いこと、社員の平均年齢が若いことです。若い社員が多いことで社内に活気があります。20代から70代と幅広い世代が働いていますが、年齢に関係なく一人ひとりが自分の目標を持ち活躍していることも自慢です。



■会社が健康経営に力を入れておられますが、入社後ご自身の健康への意識に変化はありましたか

ものづくりの会社が、社員の健康維持にチカラを入れているとは入社前、想像もしていませんでした。以前、勤めていた医療業界では患者さんの健康を第一に考えることが当たり前と思っていましたが、クツザワの健康経営に触れ初めて私たち社員が健康に気を付けて仕事をすることが大事だと気付かされ自分自身に意識を向けるようになりました。


■これまでのキャリアは今の仕事にどう活きていますか

医療事務の仕事は常に患者さんのため、言い換えると相手のために仕事をしていました。治療や薬など専門的なことだけでなく相手が少しでも居心地よく過ごせるよう考えていました。

現在の仕事でも部署柄、常に社員のため、言い換えると相手のために仕事をしています。福利厚生や心身の健康など、社員が気持ち良く働いて満足する状態に整えていくことが仕事ですので、相手のためにおこなうという気持ちを活かせています。


■今後、キャリアを選択していく私たち世代にアドバイスをお願いします

好奇心を旺盛にして行動することで、自分の価値観や得意なことに気付けるチャンスがあります。チャレンジする前に合うかどうかを決めつけず、まずは行動することを大事にし、そこで得られたことを将来に役立てて欲しいです。


■今後の目標を教えてください

これまでは自分自身のキャリアアップを目標としてきましたが、次は安定した生活で家族を守っていくことが目標です。仕事を頑張ることで会社も守りたいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取材:阿部 唯

取材日:2021.08.23

閲覧数:58回0件のコメント

関連記事

すべて表示