今に満足せず日々勉強!

鈴木 えりか(すずき えりか)さん

勤務先:株式会社斉藤光学製作所

所属:結晶事業部品質保証課

勤続年数:11年



鈴木さんに聞いてみました!

■入社された経緯を教えてください

美郷町で生まれ育ちましたが、斉藤光学製作所の存在は高校の進路指導部の先生から紹介されるまで知りませんでした。求人票やパンフレットを見るなど、調べていく中で魅力的な会社だと感じました。

一つのことに集中するのが好きで、細かい仕事や繰り返し同じ作業をする方が適していると考えていましたから、漠然と製造業が合うと思ったことも入社のきっかけです。


■結晶部品質保証課の役割と携わる仕事内容を教えてください

品質保証課は、自社で製造した製品が、あらかじめ決められた品質を満たしているかを確認し、販売後もその品質について保証をおこなう部門でクレーム処理にも対応します。また、様々な工程で製造する機械に誤差がでていないか確認する校正検査もおこないます。わたし自身クレームに対応することも多いですが、お約束した品質を提供するために、お客様の声を聞くことはもちろん、現場の意見を聞くことも心掛けています。



■品質保証のお仕事をしていて難しさや苦労することはありますか

クレームの最前線にいますので、苦しい状況になることも多いです。大きな問題を解決するのには長い時間掛かりますので小さなミスを食い止めていくことが必要です。製造現場にはベテランの方もいますので年齢的に言いづらいことも、しっかりと伝えていかなければならず、この辺りは仕事と割り切っても性格的に少し難しさを感じます。


■逆に品質保証のお仕事をしていて嬉しかったことや楽しかったことはありますか

お客様から「鈴木さんが見た製品なら安心です」と、自分への信頼が感じられる言葉をいただけたときは、わたしの仕事を知って評価くださっていることが感じられとても嬉しいです。



■鈴木さんが自信を持っておられる仕事について教えてください

品質保証課は3年目ですが、それまでは検査課に8年間勤務していました。お客様からの問い合わせやクレームの回答に、検査課の仕事を把握していることや携わった経験からお伝えできることに自信を持っています。


■会社が「社員の人生満足度の向上」に注力されていますが、このような取り組みがあって良かったと思うことはありますか

保育費を7割補填していただける子育て支援制度は社員にとって、とてもありがたい制度だと感じています。また、ITの導入により、以前まではアナログであった、出退勤の記録や有給休暇申請も、パソコンで申請できるようになりました。有給休暇の申請はアナログだと出しにくい空気間もあったのですが、今は出しやすい雰囲気があります。このような取り組みがあるおかげで、以前と比べとても働きやすい環境になったと思います。



■会社の誇れる部分はどこですか

ガラス基板の高品位・高平坦両面加工は一番誇れる技術です。他にも、社長や従業員同士も仲が良く話しやすいアットホームな雰囲気がありますので職場の環境が良いこと、同世代同士で思っていることを言い合えたり辛いことを励まし合えたりする人間関係があることです。

 

■ご自身の今後の目標を教えてください

今の仕事だけに満足せず、他部署のことも勉強し仕事の幅を広げたいです。品質保証課の仕事でも、検査部の経験が生きていますので様々な部署の仕事を知ることができれば、その立場で考えた良い仕事ができると思います。ですので、仕事を続けられるだけ続け様々な経験や知識を得たいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取材:沖 郷平

取材日:2021.09.09

閲覧数:40回0件のコメント

関連記事

すべて表示