働く姿を子どもたちに見てほしい

大澤 麻美さん (おおさわ あさみ) さん

勤務先: 有限会社羽後大一興業

所属:再生エネルギー事業部

勤続年数: 2年3ヶ月





大澤さんに聞いてみました!


■羽後大一興業に入社された経緯を教えてください

わたしは、羽後町で生まれ育ちました。こちらに勤める前は、別の建設会社で働いていましたが、社長とは従兄妹で親しくしてたつながりもあり、再生エネルギー事業部がおこなうイベントによく参加していました。ある時、社長から「うちの会社で一緒に働いてみないか」と声をかけていただいことが入社のきっかけです。

小さい頃から家族でキャンプに出掛けることも多く、アウトドアが大好きでしたから仕事として関われることや、何よりも社長の考え方に魅力を感じ、きっと楽しいことがたくさん待っていると思ったことが入社の決め手です。


■具体的にどのような仕事をされていますか

冬場はペレットストーブの燃料配達や、ショールームに来られたお客様にストーブの説明をおこなう仕事が中心になります。また、ホームページやインスタグラムなどSNSの更新も一年を通しておこなっています。今のシーズンはグランピングにまつわる仕事が中心となり、ご予約いただいたお客様との連絡や現場の準備、お越しになられたお客様の料理の準備などの接客もおこないます。



■仕事の中でどのような工夫をされていますか

写真を撮るにも文章を書くにも、見る側の気持ちを考えることが大切ですので、情報を見てくださる方に伝わりやすく発信することを心掛けています。

接客も同様で、自分がお客様の立場であればどうしたいか、メールを読む人はどう受け取るかなど、最優先に相手の気持ちを考えています。


■会社のビジョンや理念で、共感できることを教えてください

ホームページに記載のある『こども達の未来のために、いまの暮らしを支える仕事』という言葉は、ページのリニューアルにあたり社長と一緒に検討しました。会社として大切にしている考え方ですし、未来をつくるのは自分たちの仕事だと思っていますので共感できますし、大切にしたいです。仕事をしてる姿を子どもに見てもらいたいという気持ちがありますし、カッコいいお母さんとイメージしてほしいです。楽しそうに仕事をしている姿を見て、羽後町を好きになり、町で仕事をしてほしいです。


■羽後大一興業に勤めて良かったと思う瞬間を教えてください

いつも感じています。例えば、ストーブを見にきてくれたお客様が、ペレットストーブに魅力を感じていただけたり、グランピングにお越しのお客様がこの施設は楽しいしワクワクするとお話をしていただけたり、一つ一つのやり取りを楽しいと感じています。どのような仕事でも一生懸向に取り組むことや真摯に向き合うことで、良さや喜びが自分に返ってきます。それがやりがいになりますし、感じられる仕事に感謝しています。



■会社が地域づくりに貢献していると感じられる部分を教えてください

私たちの仕事に触れたり見ていただけたりすると感謝の言葉を掛けていただけることがあります。一つ一つの仕事を丁寧におこなうことで「楽しい施設に来れて良かった」と、感謝の言葉をいただけます。この言葉をいただけることは会社や私たちのことを好きになってくれたということでもありますので、お客様に喜んでいただける仕事ができていることが一番の地域貢献だと思っています。


■会社の自慢できるところを教えてください

経営者を含めた会社で働くスタッフです。仕事の大変さはもちろんありますが、一人一人が仕事にやりがいやプライドを持って仕事をしています。そこが何よりも自慢できることですし一番好きなところです。社長が社員一人ひとりを大切にしてくださっていることも大きく影響していると思います。


■女性として、母親として働くことの難しさや楽しさを教えてください

働く上で時間という部分に制限があります。子供たちを学校に送り出し帰って来るというサイクルや送り迎えなどもあり、どうしても働く時間の制限ができてしまいます。今は仕事中でも子供の送り迎えで仕事を抜けることに快く応じていただけるなど、とても働きやすい環境をいただけています。仕事と子育ての両立という部分には社長の心遣いがあり、とてもスムーズにできます。仕事に出掛ける時、「いってらっしゃい、頑張ってね」という声を子どもから掛けてもらえると楽しく仕事ができます。職場に子供たちが来れる環境もあり、仕事や働く魅力を伝えることもできますから、子育てしながらでもしっかり働ける姿も見て欲しいです。



■専業主婦ではなく、なぜ結婚後も働こうと思ったのか教えてください

専業主婦といった考えを持ったことがありませんでした。高校卒業後、すぐ就職しましたし、働くことによって得れる人間関係やスキルアップが生きがいにもなりました。働くことが楽しくて、仕事をしない生活ということが考えられなかったですし、働く環境にも恵まれました。専業主婦という考え方を否定しているわけではなく、わたしの性格が家で居るよりもたくさんの人と触れ合い仕事をして自分をスキルアップさせたい、人と関わっていたいといったことであると思っています。


■今後の目標を教えてください

会社の新しいプロジェクトに参加したり、Webサイトを通してペレットストーブの良さを全国の人に知ってもらうためのスキルを勉強したり、ペレットストーブを設置する際にトータルインテリアもご提案できるようインテリアコーディネーターの資格も取りたいです。

今後、どんなことにも挑戦したいですし、その姿を子供たちにも見せていきたいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取材:網岡万祐

取材日:2021.08.05

閲覧数:78回0件のコメント

関連記事

すべて表示