将来したい活動をおこなう先輩から学んだこと


研究員:窪田彩花

研究した企業:旅のわツアー

レポート日:2022.3.31


琴丘高等学校二年

国際文化科で学び、楽しい日々を過ごしています。英語の授業では小学生に教えることを体験したり、市主催の国際関係の行事に協力したりなど、地域社会に貢献するための語学力で地域貢献する実感を得ながら文化への理解を深めています。



#企業の印象

斎藤さんが立ち上げられた”旅のわツアー”は、地域と強く密着して取り組まれている印象でした。ご自身のキャリアや旅行の経験から生まれた「人と人の出会いから新しい価値が生まれる旅を提供したい」という思いは、地域で暮らす方々に伝わり、地域活性化のための主体的動きを増加させ、旅を通し出会った人との繋がりは地域に新しい価値を生みだし、まさに旅のわが広がっていると感じました。


#魅力に感じた部分

人と出会い関わることは自分自身の成長にも結びつくと、ご経験から気付かれているからこそ、ツアーで共同する地域の方々の利益や参加者からの声や反応、そこでつながる人との絆を大切にされおりとても魅力的でした。

ツアーやイベントを企画し開催するまでには苦労も多いと見受けましたが、喜びや感謝の声がダイレクトに伝わってくることはやりがいであり仕事の魅力だと思いました。


#学んだこと

揺るがない自分の軸をしっかりと決めること、どのような場面でも相手に寄り添うことの大切さを学びました。まずは相手が求めていることを自分から理解すること。そしてコミュニケーションを取りながら信頼関係を築いていくことが、将来の夢を実現するためのひとつの方法であると気づきました。今後は自分の思い描く夢の実現に向け、今回の学びを生かしていきたいです。



-感想-

インタビューで伺ったお話から、2つの大きな気づきが得られました。1つ目は”相手に寄り添い信頼関係を築いていくことの大切さ”です。私はこれまで目標達成のために必要な行動や学びには積極的に向き合ってきましたが、お話を伺う中で、人との関わり合いの重要さについて知り、目標達成のためには自分の行動だけでなく、周囲の人との信頼関係が必要不可欠であると気づきました。相手が何を求めているのか自分から理解し、コミュニケーションを図り信頼関係を築くことも学びましたので、今後、物事に取り組む際に心掛けていこうと思います。

2つ目は”地域を活性化するための知識”です。これまで地域活性化には地域経済を回していくための斬新なアイデアやそれを実現するための行動が重要だと考えていましたが、地域経済を主体的に活性化させる企業を増やすことも重要であることに気づきました。

今回、そのモデルとなる斎藤さんからお話を伺えた貴重な機会でしたので、得た学びを無駄にすることなく将来の夢の実現に生かしていきたいです。







閲覧数:30回0件のコメント