所長の部屋『ゲスト:阿部雄太さん』


第六回目のゲストは、

阿部 雄太(あべ ゆうた)さん


地元の高校を卒業後、福島の大学へ進学。将来の夢であったSE(システムエンジニア)として東京で働いておられました。現在は帰郷され、茅葺屋根の民家を改修した民宿「格山」を経営される傍ら、実家の家業である本屋と塾のお手伝いもされています。


今回は、当研究所の研究員(期間中受入れしているインターン生)、須田和希、田畑晴紀、阿部唯と一緒に、お話をおうかがいしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


所長)では、よろしくお願いします。

雄太さんの出身中学校は高瀬中学校(羽後町立高瀬中学校(2016年3月31日統廃合により閉校))だったと思いますが高校はどちらに進学されましたか。


雄太さん)高校は湯沢高校(秋田県立湯沢高等学校)でした。


所長)地域的に羽後高校(秋田県立羽後高等学校)への進学される方が多かったと思いますが、なぜ湯沢高校に進学されたのですか。


雄太さん)大学進学を希望する人は、湯沢高校か横手高校(秋田県立横手高等学校)へ進学するケースが多かったです。父も姉も湯沢高校出身でしたので、大学進学するなら湯沢高校ではないかと考えていました。


所長)高校進学するときから大学進学を考えておられたということですか。


雄太さん)はい、進学を考えていました。


所長)高校では、文理分けがあると思いますがどちらに進まれましたか。



雄太さん)理系へ進みました。小学5年生の頃、世の中にwindowsが普及しつつあり、将来はコンピューター関連の仕事に就きたいという気持ちがあり、大学も理系に進むことを考えていました。


所長)中学生になる前から将来の夢を描いていたのですね。

大学はどちらに進学されましたか。


雄太さん)福島県の会津大学に進学しました。コンピューター理工学の単科大学でしたので、専門的知識を学べると思い志望しました。


所長)就職活動はいつ頃から始めましたか。


雄太さん)3年生の夏頃だったと思います。最初は仙台周辺でコンピューターシステムの会社を探していました。そもそもIT系の仕事に興味を持ったのは、インターネットを使い仕事ができれば世界のどこにいても仕事ができると考えたからです。いずれ地元に戻りたいと考えていましたので、知識やスキルが身につけば地元でもそれを生かした仕事ができると思っていました。ですが、基本的にこのような会社は東京一極集中で、仙台では求人がなかったため東京での就職を選択しました。