所長の部屋『ゲスト:髙橋佑佳さん(第1話)』


第一回目のゲストは、

髙橋佑佳(たかはし ゆうか)さん



秋田県湯沢市出身、湯沢市在住

現在、NPO法人みらいの学校で主に、UGONEWS【ウゴニュー】の記者を担当、フリーのライターとしても活動し、取材や執筆のお仕事をされています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


所長)では、よろしくお願いします。早速ですが大学を卒業されたのが何年前ですか?


佑佳さん)今、社会人3年目になったばかりなので、2年前ですね。


所長)高校は、湯沢高校(秋田県立湯沢高校)でしたよね。中学生の頃から高校への進学を考えたら、通える高校は色々あるじゃないですか。なぜ、湯沢高校にしたのですか?


佑佳さん)家から近いっていうのと、あとは大学進学を視野に入れてたので、進学校を選びました。



所長)大学への進学を中学生の頃から想像してたっていうことですか


佑佳さん)ぼんやりですけど、高校を卒業して働くっていうイメージはあまり持っていなかったですね。


所長)流れというか、大学へ進学するのが普通みたいな感覚ということですかね。


佑佳さん)そのような感じでしたね。


所長)そうすると、なぜ湯沢高校を選んだのですか?

家から近いという話もありましたが、大学進学を見据えると他にも進学高はありますよね。


佑佳さん)なんだろう…。なんとなくですけど、そこまで高いレベルを目指してなかったというか、他にも偏差値の高い高校はあったんですが、目標としてそこまで高いレベルの大学へ進学したいってことはなかったんです。でも、湯沢高校は大学進学っていうイメージもあったので、そこが最適かなと思って受験しました。


所長)なるほど。進路選択の際は誰かに相談しました?


佑佳さん)親ですね。あと、兄が湯沢高校に通ってたので学校のことを聞いたりしました。


所長)そうなんですね。高校で部活動は何かしてました?