株式会社マインド

おもてなしのプロ集団

取材:須田和希

取材日:2021.08.20

冠婚葬祭のギフトを扱う会社として平成4年に設立、その後、葬祭業を中心とした事業へ業態変更された経緯がある。「忠恕〜真心込めて思いやりふかく〜」という社訓は、経営陣や従業員が心の中に持って働いていたことを言語化された。お客様を家族のよう大事にする真心や思いやりある対応を常に心がけておられる。会員性を取られる事業者が多い中、非会員制を敷いておられることが特徴で、ギフトや仕出しなど、葬儀にまつわる事業も自社で展開、同価格でも高いクオリティを提供できることが強みである。年間200件程度の葬儀をこなすスタッフ全員は、会社の看板を背負う強い責任感を持ち、遺族や参列者に顔を覚えていただけるほど一人ひとりに真摯に向き合われている。そのような従業員の姿勢が自然と生まれる雰囲気が社内にあることも会社の魅力である。地域に密着した事業であるからこそ地域貢献する姿勢もあり、地域の行事やイベントへの協力にも積極的に対応させている。コロナウイルスの流行により、葬儀の規模が縮小する中、オンラインで参加できる葬儀など、先を見据えた施策も検討されている。葬儀は悲しい場ではあるが、旅立ちやスタートの場でもあるため、遺族の方が気持ちを整えれることができる場と捉え真摯に向き合っている。




1.地域密着

地域を大切にする気持ちや地域で暮らす人々のチカラになりたいという理念があり、地域行事への協力依頼や地域を良くする取り組みに積極的に参加されている。葬儀は地域で暮らす人が亡くなれた際におこなう儀式だからこそ普段の暮らしで自然と信頼を得ることが大切と、経営者はじめ地域で暮らす従業員のみなさんも、日常から地域との良いコミュニケーションを心掛けている。


2.非会員制

非会員制であることで勧誘される警戒心を持たれないメリットをとり、地域の方々との人間関係の築きやすさを優先されている。一方で非会員性のデメリットある集客に対し、葬儀を依頼いただいたご遺族や参列者の方に満足いただける施工やサービスに、スタッフ一人ひとりが真心ある対応を心掛けておられる。会員を集めるPRやメリットのアピールをあえてしない選択が、地域からの信頼を集めている。


3.葬儀に関する全てを事業化した安心施工

他の葬儀社では、料理や会食はホテルやレストランなどへ、引き出物や香典返しはギフトショップへ外注することが多い中、葬儀に関する全てを自社対応できる事業展開により高いクオリティやサービスの提供が可能である。

また、厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査で認定を受けた、専門的知識を持つスタッフが在籍しており、お客様のニーズや不明点にも対応できる体制が整っている。




企業情報

社名:株式会社マインド

事業内容:冠婚葬祭、慶弔料理の提供、引き出物・ギフトの販売

設立:平成4年 4月

代表者:代表取締役 阿部三男

従業員数:15名

所在地:秋田県雄勝郡羽後町大戸43-3

HP:http://mind-1234.net/index.html






閲覧数:37回0件のコメント

関連記事

すべて表示