株式会社五輪坂ハイツ

地元の憩いの場を目指して

取材:田畑晴紀

取材日:2021.08.20

羽後町と民間企業との共同出資の事業体として設立された企業で、民間の活力を使い公共的な事業を営む第三セクターであることが特徴です。設立前、町は企業誘致に力を入れていました。数社の誘致に成功し働き先が増加したことにより、町で働く人も増えたことから、勤労者が憩える場所をつくるといった考えから設立されました。平成10年に温浴施設「としとらんど」を増設、現在は「みはらし荘」と合わせ、温泉、レストラン、宴会、宿泊といったサービスを提供しています。

経営理念として一つ目に、綺麗にする。景観の良い眺めを維持する管理や行き届いた掃除を基本とされます。二つ目に、優しく。お客様への対応だけでなく、職員同士も思いやりを持ち優しくという意味も込められています。三つ目に、美味しく。見映えや格好だけでなく、素材の美味しさにもこだわった料理の提供をおこなうといった、3つの理念のもと、従業員が一丸となって接客に取り組まれています。

また、既存施設の有効活用として、一棟貸しのコテージでグランピングがおこなえるサービスの提供を地元業者とタッグを組み開始されてます。

コロナ禍で見通しがつかない状況の中、宴会の売上に頼らない事業展開を模索されており、今後も既存施設を有効活用するサービスを計画されています。




1.明るくみはらしの良い大浴場

としとらんどの大浴場は三階に設置されており、入浴されたお客様が閉塞感なく景観を楽しめる設計となっている。また、みはらし荘から眺める景色は、日本最大の横手盆地を遮るものなく一望でき、湯船からの眺めは額縁に描かれたような景色を楽しむことができる。地域の利用者が多い施設だからこそ、普段の生活では感じれない明るくみはらしの良い景色が楽しめる工夫がある。



2.多様な宿泊設備環境

部屋で温泉を楽しめる設備を有した『特別ルーム』があることが最大の魅力である。標高450ⅿに位置した『みはらし荘』では横手盆地の景色をパノラマで眺めることができ、1棟貸切で楽しめる『コテージ』は宿泊のみならず、時間貸しでも提供され少人数で楽しめる。グランピングが楽しめる『ログハウス』では、落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間の流れを楽しめることも魅力である。



3.どこにも負けない美味しい料理が食べられる

地域の特産品であるブランド牛や野菜など、地元食材を使った料理の提供にこだわり、地産地消に取り組んでいる。昨年からは自社農園を開設され、自ら育てた野菜の提供もおこなっている。海から離れた地域であるが魚にもこだわり刺身も評判となっている。お客様に喜んでいただけるメニュー提供を料理長中心に取り組まれ、コロナ禍の現在はテイクアウトメニューの開発にもチカラをいれておられる。