社会福祉法人 羽後町社会福祉協議会

地域に福祉の輪を広げる 誰もが住み良い地域づくり

取材:木村麟之輔

取材日:2021.03.18

地域住民の皆さんと共に社会福祉活動を推進する中核組織の役割を担われており、地域の方々はもちろん、行政・福祉・医療・教育などの複数の関係機関と連携をとられています。地域福祉活動計画の策定、介護保険サービスの充実やボランティアの育成、共同募金運動の推進のために活動されています。

高齢者や障害者向けの介護福祉事業をはじめとし、小・中・高校生のボランティア参加支援、定職につけていない青年層が気軽に集える居場所づくりなど、お年寄りに限らず幅広い世代に対して福祉の輪を広げています。また、コロナの影響で中止せざるを得なかった活動もある一方で、赤い羽根による活動推進のための備品の寄贈を、支え合いの地域づくり活動をおこなう方々に呼びかけています。施設内のリモート環境を整え職員に向けてオンライン研修を積極的に実施されるなど、変化に対しても柔軟かつ前向きに運営されています。







1.安心して暮らせる地域づくりと事業展開

行政と連携し、地域サロンや相談業務等、地域福祉に関する幅広い事業を運営・支援されています。地域サロンとは、お年寄りをはじめとする地域住民が集まり、孤立者を防ぎ、飲食やレクリエーションを通し交流を楽しむための居場所づくりで、地域の方々が主体性を持てるよう「出来る範囲で活動して頂きたい」と柔軟な後押しをされています。



2.異なるタイプの施設の運営

訪問介護、デイサービス、ショートステイ、特別養護老人ホーム、認知症の方向けの小規模多機能施設など、幅広い介護サービスを提供されています。

100人以上の介護職員が従事されており、定期的に異動する仕組みにより各職員が幅広い介護業務に対応できる工夫もなされています。これらの運営システムで地域に合った柔軟な事業運営に取り組まれています。



3.働きながら資格取得を目指す

多くの従業員は働きながら、介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士等の専門資格の取得を目指され、取得後、それらの知識を活かしてお仕事にあたっておられます。資格取得を目指す上では、勤務時間の調整や時間外勤務対応などの配慮があり、上位資格に挑戦されていく方もおり、向上心を持って意欲的に働かれています。



企業情報

社名:社会福祉法人 羽後町社会福祉協議会

事業内容:五輪坂デイサービスセンター運営事業、介護業務等受託事業、訪問介護事業、居宅介護支援事業、身体障害者・知的障害者(児)・精神障害者居宅介護事業、ふれあい安心電話推進事業、安心・安全な街づくりパトロール隊事業、シルバー人材事業、生活福祉資金貸付業務事業、共同募金配分事業、善意銀行運営事業、心配ごと相談所運営事業、長期不就労者支援事業、日常生活自立支援事業

設立:1987年11月10日

代表者:高橋 武太郎

従業員数: 158名(本部職員8名。施設・事業所職員150名)

所在地:〒012-1103 秋田県雄勝郡羽後町林崎五林坂21-1

HP:http://ugomachishakyo.or.jp/

31回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示