秋田の活性化を学べた機会


研究員:高橋 音都(たかはし おと)

研究した企業:農業生産法人株式会社そば研

レポート日:2021.8.31


ノースアジア大学法学部3年

地域貢献に興味があり、大学ではボランティアサークルに所属しています。最近、一番楽しかったことは文化祭のお化け屋敷で仮装してたくさん驚かしたことです。


印象的だったこと

平山さんに取材をさせていただいたとき「やはり仕事を好きになるということが理想である」と語られていたことが印象に残っています。私を含め学生は概ね好きな仕事よりも立派な仕事に憧れを抱き、そのような職に就かなければならないと考えているのだと思います。経験のある方々からお話を聞き、道はそれだけではなく今からでも好きな仕事というものに目を向けるべきなのではないかと感じました。


魅力的に感じた部分

羽後町そば研究会を発足された社長様の想いでもある経営理念にとても魅力を感じました。農地を農地として守るという理念や、町の食文化である「そば」を活かす発想が素敵でした。社員の方々が社長様は熱いハートを持っておられると語っておられましたので、その想いは熱く燃えたぎっていると感じられました。社員の方々がその経営理念に共感されている点も素晴らしいと思いました。


驚いたこと

取材をさせていただいた3名のみなさんが一律に職場の雰囲気が良いと語られることにとても驚きました。ひとりずつ別々にインタビューを行っていったため、各々が純粋に感じておれることが伝わり、本当に良い職場はこのようなものであり、そのような雰囲気があるからこそ会社が成功しているのだと感じました。就職した際には自ら良い雰囲気を作り、支え合える職場にしたいと思います。



-感想-

とても良い職場の雰囲気があり、その中で業務分担に配慮したり、社員の子育ての両立に配慮されたりと、社員同士で支え合い仕事をされている点が魅力的でした。また、インタビューを受けてくださった社員のみなさんが社長様とのエピソードを語っておられ、社長様への信頼と経営理念へ共感されておられることを感じました。仕事や働くことへの価値観をお聞きした際には、会社との方向性が同じであること、つまりそれは仕事が好きであるということであり、それが働く上での理想なのだと学びました。同時に経営理念に共感されている社員のみなさんは理想のカタチで働かれているのだと分かり更に魅力を感じました。

事業にも沢山の工夫があり、特に食の安心安全のためにJGAP、HACCPを取得している点が地域の皆様やお客様からの信頼や熱い想いに繋がっていると感じました。

働く上で社員を思いやることやお客様の気持ちを考えることなど、人としての関係を築くために大事なことを学ぶことができました。今後、社会に出ていく者として、残りの大学生活では人間関係を築く力を培いたいです。

閲覧数:16回0件のコメント

関連記事

すべて表示