自分の考えを大切にお客様視点で

佐藤 花帆(さとう かほ)さん

勤務先:株式会社クリーンカンパニー

役職:総務課

勤続年数:1年10ヶ月



佐藤さんに聞いてみました!

■クリーンカンパニーへ入社されたきっかけを教えてください

生まれも育ちも羽後町で、幼い頃から西馬音内(にしもない)盆踊りや地域のお祭りに参加しながら、人の温かさに触れてきました。町は高齢化が進んでいますので、地元に残ること、地元で働くことで、町に少しでも活力を与えたいと思っていました。また同時に、羽後町の自然や美味しい食べ物など、自分たちがいただいているものを悠久的に生み出していくには、循環型社会が理想的だと考えていました。当社も循環型社会を目指しており、自分の考えと合致したことが入社のきっかけでした。


■ご自身の仕事のやりがい教えてください

現在の仕事では、主にお客さまが持ち込まれる産廃(産業廃棄物)の受け入れを担当しています。産廃は種類により処分方法が異なるため、事前の分別が必要となりますが、その見極めに難しさがあります。

お客さまは、持ち込まれた産廃がどのような種類に該当するか分からず、不安を抱かれることが多いため、不安を抱かせることのない対応を心掛けています。自分の対応によりお客さまの不安が解消され「ありがとう」「助かった」と、お声掛けいただいたときにやりがいを感じます。また、社内共有する資料の作成では、先輩方の意見も取り入れ、分かりやすく理解しやすい資料を作るよう工夫しています。自分が作成した資料により、会社の業務が効率化したときにもやりがいを感じます。



■社内の場内活性化委員会で活動されていますが、具体的にどのような活動をされていますか

この委員会では場内の環境整備とコミュニケーション向上の協議実践に取り組んでいます。わたしは環境美化を担当しており、お客さまや社員が見かける場所に花を植えています。場内は埃も多く、ゴミを見ると気分が下がることもありますので、花を植えることで雰囲気の良い環境を生み出すことに取り組んでいます。


■今後の目標を教えてください

仕事では、臨機応変かつ迅速にお客さまの要望に応える事ができるよう知識を増やしていきたいです。プライベートでは、ドライブや釣り、スノーボードなどアウトドアで楽しみながら、知識を得るための体力を付けていきたいです。

プライベートと仕事は様々な部分でつながっていますので、常に楽しむことを忘れず、難しいことも糧になると思い、何事にもポジティブに取り組んでいきたいです。



■就活やキャリア選択に悩んでいる人に対しアドバイスをいただけますか

やはり「自分は向いてないかも…」「わたしでは…」と考えて決めた進路では、その後「あの時、違う選択をしていれば良かった」と後悔が生まれると思います。わたし自身も今までそのようなタイプでした。後悔しないためには、先ず幅広い世代の人、様々な価値観を持つ人と交流し、体験談や考え方を聞くことです。そうすることで進みたい道のイメージが具体的になると思います。そして、気になることを追求し、体験できる機会があれば参加するなど行動をおこすことが一番です。次に苦手なことと得意なことを明確にする。苦手なことは頑張ってもできない場合もあるので、そのときは素直に助けを求める。得意なことは、伸ばしていければ自分の長所になると思います。



-----------------------------------------

取材:ニシヅカナオ

取材日:2022.02,28



閲覧数:30回0件のコメント

関連記事

すべて表示