所長の部屋『ゲスト:奥ちひろさん』(第二話)


第四回目のゲストは、

奥 ちひろ(おく ちひろ)さん

秋田県横手市出身、横手市在住


高校卒業後、東京の大学へ進学。大学時代、子育て支援のボランティアや中間支援NPOでのインターンシップなどをご経験され、卒業後、(特活)秋田県南NPOセンターへ就職 。現在は、同法人での市民活動の推進ほか、株式会社マルシメの経営企画、(一財)日本青年館「青年問題研究所」の常任研究員、キャリアコンサルタントと、幅広い分野で活動されておられます。


今回も研究員の播磨菜月(国際教養大学 4年生、2021年4月から7月末までの期間、NPO法人みらいの学校でインターンシップ中)と一緒にインタビューしました。


第1話は、高校・大学時代の葛藤やそれに向き合う奥さんの思いについてお伺いしました。

まだお読みでない方は、コチラから


第2話は、現在の職場との出会いや活動に至る経緯、様々な葛藤と向き合い乗り越えてこられたからこそのお話しをお届けします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


菜月)自分の本当の気持ちに夢で気づくという視点は凄いですね。

先程、大学選びの際に最初は東北で探していたということでしたが、当時から将来は秋田もしくは東北で働きたいという気持ちがあったのでしょうか。


奥さん)その時はそこまで考えていませんでした。大学在学中、いずれは秋田に戻るかもしれないとう考えがありましたが、大学を出たばかりでスキルがなければ何も役に立てないのではという思いがありました。「都市部で10年ほど経験を積んでから帰ろう」と、漠然とした考えでいましたが、秋田の夢を見た時に「やっぱり今だ」と思いました。


所長)東京での暮らしはいかがでしたか。


奥さん)物質的に豊かですし、きらびやかなので最初の1年は楽しかったです。ですがその環境に慣れたこともあり、そこまで物質的な豊かさに魅力を感じなくなっていきました。



所長)企業に就職することや東京で働くことに対して違和感を持っていたようですが、いずれ選択しなければいけない時期はやって来ますよね。最終的にはNPOセンターを選ばれたわけですが、このような所で働くにはタイミングもあると思うのです。どのような経緯だったのですか。


奥さん)先程お話しした、中間支援のNPOで活動していた時、NPOの代表が横手市で講演される機会があり、わたしが横手市出身ということで、同行しないかと声をかけていただけました。

実は、その講演を主催したのが今働いているNPOセンターだったのです。職員の方々と繋がりを持て「いつかこういうところで働きたいです」というお話をしたことがきっかけでした。その後、理事がわざわざ東京まで来てくださって、理事会で私を推薦してくれたと聞きました。


所長)ちょうど人材を募集していたということでしょうか。